戦績向上!FZHで意識したい4つのポイント

スポンサーリンク
俺の必殺技fzh
  • 相手の意表を突く
  • 動きを先読み
  • 死角を知る
  • 蘇生率を上げる

4つが今回のテーマ。

うまくなりたい…その気持ちがあれば大丈夫!

プレイヤーの動きに惑わされることなく。

構想通りの展開に顔がニヤリ。

「やってやりましょう!」

敵の動きに着目「お?!」驚かせる【ポイント

テクニックからメンタル面まで。

想定外の動きで相手を翻弄!

驚かせることが重要

かくれねこ

隠れること!重要なポイント。

「わっ!」驚かせてやりましょう。

体を出来る限り物陰に隠す。

当たり判定を少なくするだけで生存率が向上!

移動は素早く留まらない。

数歩先のオブジェクトを確認して移動。

闇雲に突撃をせず「思考を狂わす動き」入れる。

顔を出す→下がる→別の角度へ。

【意表を突く】意識を飛躍させる。

場慣れすると戦略が発展。

「待ち伏せ・陽動・相手を釣る」

トリッキーなプレイも可能!それには。

分の位置情報を与えないこと。

結果、相手を惑わせパターン化させない。

かくれんぼの感覚で

「みーつけた!」終わらないFZH。

あえて目撃させ【最終目撃ポイント】相手に与えます。

起点にして「待ち構える・裏取りを図る」

大胆なプレイヤー!認識させれば大成功。

相手の脅威となる存在に君臨!

勝利確率がグングン!常勝状態へ。

目視の限界を知る

みえないよ

重要な目視、常に気を張るのは難しい。

注意力の低下は避けたい。

「スカウト」有効ですが、目線が手元に。

ディバイスの赤丸便利ですが、目視には敵いません

前方の注意が疎か…危険。

限界があるので負担を軽減するところから。

自分が見えない場所はどこか? 把握してみよう。

死角を探せ!

隠れる猫

背中は見えないので隠す。

一番簡単な方法は、壁を使う。

壁に背中を向けるだけでOK。

後ろから攻撃される心配解消。

360度の半分をカバーできるのは大きい!

先読みするプレイ!

相手の動きを想像、戦場をシュミレート。

予想を立て、一歩先の行動を可能にする。

余裕をもつとプレイの幅が広がります

思惑通りの展開になれば、思わず声がもれるでしょう。

不安要素を少しずつ消す。

相手の動きを掌握。

翻弄できるようになったら、上級者!

過言ではない実力の勝利。

きのふろ。
きのふろ。

心理戦は余裕をもった方の勝ち!

腕だけを出す攻撃。動画解説付き

本当に割ってはいけません

「ブラインドショット」 有効なテクニックの1つ

解説動画を併せてご覧ください↓

 

非常にカンタン!腕を伸ばして攻撃するだけ。

前方や真上に持ち上げる。

当たり判定は腕のみ

比較的安全に攻撃でき、被弾面を最小限に抑えられる。

牽制に最適!

敵は位置を変えざるを得ないほど、当たり判定の優劣は大きい。

攻撃するだけで変わります。

相手は下がるか、突っ込んでくるか。

状況判断を問われる時。

ブラインド越しを狙ってくる場合もあるので注意。

弾持ちが悪くなるので、弾薬パックがあると良い。

至近距離の攻防

ドアの攻防

ドア越しや部屋の隅は、接敵する確率UP!

至近距離のブラインド合戦は差が出ます。

ベテラン相手には分が悪い勝負。

体の一部が見えたら危険なサイン

状況次第で、後退も選択肢の1つ。

押し引きの選択は?

一発でノックダウンが取れる、ショットガンなら強行。

ベテラン相手でも臆せず挑戦!その際。

ヘッド付近を狙うよう、武器は下げ過ぎない。

弾バラけが多いので大雑把でも当たります。

バラけ具合の参考にご覧ください↓

サブマ・アサルトの場合は無理をせず。

ブラインドも過信は禁物。

有効なテクニックでも落とし穴が存在します。

ドア越しは逃げ場がない!

困ったねこ

自分の位置を変えられないというデメリット

致命的な一面も存在します。

「ハイリスク・ハイリターン」

相手の心理を読み、勝算ある選択を。

する側・される側の状況を整理!

【ブラインドする側】

  1. ドアを壁に使い、腕出し攻撃。
  2. 攻撃角度の調整なし。(入口のみなので)
  3. 武器を問わず優位に行える。

【される側】

  1. 反対側のドアを開ける。
  2. インパクトやスティッキーを足元へ投げ入れる。
  3. 味方がいる場合、一斉に突入。
  4. ドアにC4を設置後、開いた先で起動。

★4は安全に対処できるのでオススメ!

きのふろ。
きのふろ。

C4設置音が鳴ったら「覚悟」決めます…

蘇生率UP!秘訣とは?

必要はないよ

催促されても焦らない!

リバイブが先か敵を処理するか、判断をつける。

これだけで劇的に変わります。

リバイブ状況は危険と隣り合わせ。

ノックダウン状態のまま囮に使う場合もあります。

優勢な相手を考慮して、1つ思考を加えます。

蘇生率が向上するテクニック。

頼れる存在になろう!簡単にパターン化。

相手のリロードを狙う

初ノックダウンは1秒ほど無敵時間があります。

無敵を利用して、相手のリロード見極める。

味方の状況は色で判別。

黄色→オレンジ色→赤色の順

跪く1秒間とリバイブした1秒間は無敵

弾が止む寸前を狙う!

攻撃・蘇生の同時進行が吉

蘇生はまかせろ!

味方を視野に捉えてリバイブボタン。

更に武器を構えてけん制攻撃

同時進行で行い、蘇生率を上げます。

敵のターゲットを自分に向ける。

蘇生された味方は起き上がり、反撃。

この動作はトロフィーに指定されています。

有効なテクニック!是非覚えよう。

リバピはヒットアンドゴー!

離れた位置での蘇生が可能になるサイドアーム。

一連の動作まとめ。

  1. リバイブピストルをあてる。
  2. 敵の射線に入り、相手を牽制。
  1. フラグを投げる。
  2. リバイブピストルをあてる
  3. 更に攻撃「味方が居る」アピール。

フラグは非常に効果的。

敵が飛び出してくる時は、瀕死状態が多い。落ち着いて対処すればOK!

トータルテクニックは【余裕】

  1. 心理戦は隠れる所から。死角を減らし行動力UP!
  2. ブラインドショットの有効性と危険性を知る。
  3. 蘇生ポイントは、リロードタイミング
  4. 不安要素をクリア、戦術を増やす。

如何でしたか?

協力して行うゲーム、チームワークは必須。

仲間を考えた行動は、余裕が必要

目標をもって、楽しい時間を共有。

ゲームを楽しむのが一番。

きのふろ。
きのふろ。

自分ならこう動く】予想すると、見抜いた時ゾクゾクします!

パフォーマンスを発揮できたら幸いです!

コメント

  1. ccれもん より:

    リバイブ&カバーの部分とても参考になりました。グレ入れてからのリバイブは今度試してみようと思います

    • きのふろ。きのふろ。 より:

      コメントありがとうございます。
      参考になってよかったです!

      試合に役立つゲーム情報をもっと盛り込んでいきますね~!