電動ママチャリで往復32kmの通勤を2年半続けて分かったメリットとデメリット

スポンサーリンク
通勤自転車雑記

「今日も一日終わったー!」

至福のひと時は日暮れの帰宅道。

振り回されるお仕事。

退勤後は「あなたのペース」

遅延や運休、満員電車もありません。

始まりの季節

私が往復32kmを2年半通った体験談。

これから始めてみようという方へ。

自転車通勤のメリットとデメリット。

ご紹介します。

5つのメリット!キーワードはマイペース

メリット

  • 交通費が浮く。
  • 原付や自動車が通れない道を走行。
  • 満員電車の苦しみから解放。
  • 自分のペースで出社。
  • 肌で四季を味わう。桜の季節は最高!

電車ストレスから解放。

満員電車、遅延、見合わせ。

突発的なトラブルは疲労感が倍増

(遅れてしまう・・・連絡しなきゃ。。)

(早く帰りたいのに電車が…)

不安や不満は一切なし!

いつもの道を同じペースで。

3つのデメリット!自転車あるある。

デメリット

  • 自転車トラブル、パンクやスポーク破損。
  • 雨や風を直接受ける。
  • 出社後、しばらく止まらない汗。

多かったトラブルはパンク

道具と技術は、あると安心。

雨の日の傘差し自転車はNG!

お巡りさんに止められます

レインウェア推奨、長距離なら通気性の良い物。

汗をかくので通気性が重要!

特にバイク用がオススメ。

風は通す、雨は弾く…性能差が一目瞭然。

デザインも良い…がママチャリでライダーウェア。。。

アンバランス感で注目を!(笑

事故が一番怖い!時間に余裕を。

時間に追われると危険!注意力散漫。

寝坊した時は特に注意。

急ぐと事故の危険性が上がります。

遅刻と事故は雲泥の差。ご注意を!

ルートと性格で選ぶ!自転車の種類

メンテ周期が重要

スポーツタイプは軽くてカッコイイ!

…私は【電動ママチャリ】選びました。

  1. 坂道を考慮。
  2. 信号機が多い道【電動アシスト】優勢。
  3. 定期メンテナンス少なさ(私でも半年に一度)
  4. 背中に熱が籠りやすいので、前カゴ助かる!
  5. 前傾姿勢にならず視界良好。

メンテの少なさ

面倒が苦手な私にはピッタリ!

定期メンテ時「タイヤの減りが通常より早いね」驚く店員。

往復32kmは消耗が激しい…

走行距離でメンテ頻度を調節しましょう。

これだけは外せない!3つのアイテム

  1. 即効性のパンク修理キット
  2. コンパクトサイズの空気入れ
  3. スポーツタイプのサングラス(重要)

パンク修理キットと空気入れは必須。

即効性の修理キットは応急処置。

使った際、早めにチューブ交換をオススメします。

何故なら次パンクしたら対処できません…

残業後、転がして帰った時は辛かった。

サングラスでママチャリ!

犬グラス

他人の目は気になりますが、その前に。

目の大切に!

埃や砂はもちろん、風圧が目の負担。

目の疲労は体全体に回ります

そこでサングラス保護。

スポーツタイプをオススメする理由はレンズ

鮮明に映り視野拡大!事故防止に繋がります。

フレームはレンズ交換できるタイプがオススメ

夏場は日差しカット率が高いもの。

日照時間が短い冬はクリアタイプで視界良好。

用途だけでなく、気分転換で色を変えられる。

レンズが傷ついた時の交換費も安く済みます。

通勤路に点在する修理屋は要チェック!

修理は僕に任せて!

購入場所で手厚いアフターサービス大前提!

もう1つ、自転車屋の把握は重要

トラブルがあったときの駆け込み寺。

自分で対処できない→専門家に相談

電動アシスト自転車は整備士曰く【修理が複雑

(一見さんだと煙たがれるとか。)

…愛想の無い自転車さん、ありませんか?

そんな時は自転車整備資格の整備士にお任せ。

大手チェーンは店内に【証明書】掲げています。

良い整備士が必要不可欠。

漕ぎ出そう!道がある限り

新しい道

往復32キロを週5~6日続けていた私。

カロリー消費が激しく食欲が上がります。

帰宅後のご飯はいつもより美味い。

駅のプラットホーム。

人でパンパンな状況を見ながら通り抜ける。

開放的で…オススメですよ

コメント