勝ちを引き寄せる!「連携の取り方」実演動画から詳しく解説 Firewall Zero Hour【FZHテクニック】

スポンサーリンク
あいきゃっちfzh

勝率をググっと上げる!連携を紹介します。

伝える事が大事なFirewall Zero Hour(FZH)

ボイス情報は大きな戦力。

「天の声」サポートフィード。

目視した敵「○○交戦!」声に出す。

ディバイスに映った敵も小まめに共有。

ちょっとした情報の積み重ねが、攻撃以上の価値になります。

今回は「戦況の伝え方」に着目し、良い例と悪い例

記事と併せて↓

#4.0 キャラが喋る!Firewall Zero Hour 字幕入りゲーム動画【ファイアウォール・ゼロアワー】4人でワイワイFZH!

ゲームチャンネル内公開されている動画に沿って、詳しく解説します。

4/26追記
情報はなんでも、伝えてくれるとプレイしやすい。
今がダメでも、いう事で次に繋がるキッカケ作りの一言に変わる。
連携がとれてきている時は、会話が弾んでいる時だと感じます。
挨拶やお礼で劇的に変わることだってありますよ!

味方に合わせて伝える

ディバイスを使った説明

手元のディバイスに注目!赤い●は敵。

迅速に伝えるには、味方から見た場合を考慮する。

「きのふろの真正面」でもOK。

ですが「~~さんの真正面」ならどうでしょう。

味方は(敵は真正面)の情報1点。

カメラを動かすことなく位置を共有。

目を離す事が無くなり、隙が減ります。

味方の視点は緑▲の向きで判断。

スムーズに敵の位置を伝える。

味方の目線を意識するのがポイントです。

敵の状況が最優先!

情報ねこ

味方プレイヤーが倒された直後。

「1人ノックダウンしている」

敵の状況を知らせています。

(くやしい)(なんでー!)

チームは交戦中。冷静に情報を伝えています。

「まだ敵が残っているから気を付けて」

この後、敵の状況を素早く伝えたベストアドバイスは実ります。

トドメをさしに味方が進行しましたが、敵のリバイブが入り後退。

味方の一言が無ければ、返り討ちになる場面。

自分の事はひとまず置いて。

味方に有益な情報を与えた、良い連携の見本です。

ディバイスで確認。裏取り

裏取りgif

敵が通り抜けるギリギリを待ちました。

一見かっこいいプレイに見えますが…

味方の動きと情報が噛み合わなければ不可能です。

2対2の状況、仕掛け処が大事。

相手の裏取りを読んだ結果。

敵の死角を意識、ギリギリまでドア待ち。

味方を目視していた敵は、開閉音に気付かず突撃。

速さ勝負になりました。

ここでもサポートフィード「隊長。ま裏」と天の声。

連携を重ねると勝ちを引き寄せます。

白熱すぎは注意

3人で天の声

天の声3人が同じ事を言っている状況。

チーム皆が白熱していますが、これはNG!

2つ前の「冷静に状況を伝える」ことが疎かになっています。

味方は1対1の状況。

ゲームとはいえ、心理的負担は相当なもの。

受け取れる情報には限度がある。

一度に同じことを言われたら混乱してしまいます。

言い直すなら「今いけます!」

一言だけでOK。

何でも情報を流すだけでは、うまい連携とはいえません。

プレイリズムを乱さない伝え方。

私も反省したいポイントです。

連携のまとめ

  • 味方のプレイを止めない、敵の伝え方。
  • 倒されても、敵の状況を迅速に伝える。
  • 裏取りはチーム連携で成り立つ。
  • 負担をかけない情報量を味方に。

連携はプレイヤースキル以上に大事。

うまく噛み合えば連勝。

チームの雰囲気も良くなり楽しいゲーム時間に。

連携ポイントを切り取って紹介しましたが、動画内は雑談多め。

チャンネル内動画もワイワイやっております。

以上。Firewall Zero Hourボイス連携テクニック。

ゲームの楽しさが少しでも伝わりますように。それでは!

コメント