良い所ばかりではない!3つの不満点!【Firewall Zero Hour】ユーザー目線でココはオカシイ!(FZH)

おちました、 fzh

始まるまでがゲーム。ヒドイ時は30分!

現状のFZHは待ち時間が長い。

今回は不満点を徹底的に追及します!

「なんでー!」言わんばかりの理不尽な倒され方。

判定音が聞こえても、生き返らないリバイブ。。。

バグと思われる「Firewall Zero Hour」実情。

当ブログでは、良い点を取り上げて来ました。

実際はエラーが沢山…面白いのにモッタイナイ!

プレイヤー目線の事実をお伝えします。

ネットワークエラー実際の映像はコチラ↓

#5.0 猫2匹とオオカミにガ○ダム。ボイスにキャラづけ!Firewall Zero Hour 字幕入りプレイ動画(出演きのふろ。neko,クー,ccv)【ファイアウォール・ゼロアワー】

動画では不具合を【笑いに転換した様子】収録されております。

ネットワーク周りの脆さ

おちるねこ

試合終了後、再戦出来ずに回線落ち。(チームロスト)

ネットワーク周りの弱さが露見しています。

致命傷になり兼ねない、作りこみの甘さ。

「Connecting」画面のまま試合に突入することも…

武器は初期設定、試合前からハンデを背負います。

連戦したい時の回線落ちは痛恨の極み。

「30分かけて1試合」時間泥棒も甚だしい。

アップデートがきても治る気配がありません。

修正に期待したいところです。

別次元の当たり判定

リバピが吸われる

リバイブ判定があっても蘇生できず…。

通信ラグが原因だと思われる現象は、他にもあります。

射線外でノックダウンする不可解な位置ズレ。

フラグボタンを押した後、0.5~1秒の間。

対戦ゲームでは死活問題です。

ホストが優遇されるマッチング

FZHではP2P方式で通信対戦しています。

P2Pとは…(ウィキペディアより引用・抜粋(Wikipedia)

ネットワークに接続されたコンピューター同士が端末装置として対等の立場、機能で直接通信するものである。 

P2P方式は端末間の回線品質が等価である必要がある。しかし、通信速度は最も遅い回線の速度が上限となる。一般家庭の回線はダウンロードよりもアップロードが遅いため、さらに制約が大きい。

要約すると。

ホストを基準に、速度上限は残りのプレイヤーの通信環境に依存。

場所や地域、国など、回線速度の影響を受けやすいのがP2P。

ホスト機になったプレイヤーは有利

当たり判定は良好!フラグの時間差もなし。

敵の弾が抜けやすく、撃ち合いに強い。

ホストが「ラグアーマー」と呼ばれる所以はP2P方式に存在!

名前が表示されにくい位置が存在

だめです!

物と物の間に入り、ネーム表示を隠す事が出来ます。

‥‥ハッキリいって卑怯です。

(知らない方が悪い)(知っていて当然)

仕様を使った戦い方なので、常套手段ですが…。

上から目線の発言は頂けません!

知識のある人は警戒できますが、初めて日が浅い方ならどうでしょう?

‥‥文句は出て当然だと思います。

赤いネーム表示は目視が可能。

シルエットだけだと判別が難しい為、赤文字を注視します。

ネーム表示が無かったら、至近距離での接敵が増えるでしょう。

服装も迷彩だらけになり、目視をさせない容姿に。

それほど赤ネームの価値は高いワケです。

欠点も魅力?上回る価値はある!~まとめ~

  • マッチングが安定しない。
  • ラグによる不可解な判定。
  • 敵から見えない、名前を隠す場所がある。

不満点に負けない魅力はあります!

ですが今回はFZHの悪い点に着目しました。

不満点を改善するのは開発に任せて。

待ち時間は会話に当てるなど、有意義に転換させるのはユーザー次第

VRゲーの中では良作!

灰汁が少し強いぐらいが丁度いい。。。デス!

コメント