筋肉痛を感じない…そんな時に試したい筋トレ2つのアプローチ

慣れさせない筋トレ スポーツ

筋トレの大敵は【体の慣れ】

今回は体を慣れさせない方法をご紹介します。

うまく効果が感じない)(筋トレ後の筋肉痛が起こらない日が…)

アプローチの仕方を変えていくだけで、心地よい疲労が戻りました。

スポーツクラブのトレーナーさんに相談してみた所。

筋トレのバリエーション(引き出し)をたくさんもつと良いですよ!

良い話はお裾分け。

説得力のある興味深いアドバイス。

筋トレに慣れてしまった体に新たな刺激を!

4/26追記
1セット間で思いっきり負荷を上げたり下げたり。
体にアクセント・フェイントをかける要領で筋トレも有り。

体験談(もう負荷を下げても7回も上がらないのなら…負荷を2つ上げて5回!)
(3つ下げて15回に挑戦!)などなど。


くれぐれも、追い込み過ぎには注意! 

 

3種類に分ける

筋トレに変化を

強弱をつけたトレーニングで、筋肉に刺激を与えていく。

重さの設定は回数をギリギリこなせるライン。

3種類にまとめました。

 負荷設定回数セット数インターバル(間の休憩時間
軽い2つ下げる17~20回4セット短め。1分以上とらない。
重い2つ上げる 7 ~10回3セット長め。上げられるまで休む。
中間今まで通り12~15回3セット1~2分間。短くても長くてもダメ。

今まではギリギリ上がる重さからスタート。

上がらなくなったら回数を減らす方法で行っていました。

表でいう「中間」スタイル。

効果がある日とない日のバラツキがありました。

アドバイスから今回は「軽い」で行ってみることに。

最初は軽々上がりますが、3セット目から段々キツく…。

最終セットは腕も足もプルプル状態。

効果を久々に感じているトレーニングが出来ました。

変化を与えていく…

体も気持ちも「慣れさせない」のが大事だとは!

アプローチを増やす

上げ方を変える

器具や上げ方を変化させる。

スクワットならバーベル・マシンに変えてみる。

上腕筋のダンベル運動ならバリエーションを増やす。

細かい部位は変わるけれど、大まかな部位は鍛えられるそうです。

ダンベル運動の場合でいうと。

上腕筋のふくらみを意識したトレーニング方法(小指から曲げて持ち上げる)から。

ダンベルを縦に持ち、そのまま上に持ち上げる。

もう1つは、手の甲を上に向けて持ち、自転車の空気入れのような動作でトレーニング。


筋トレにゅー

スクワットは蹴り上げるマシンを使用しました。

すると部位に効き目がハッキリとわかります。

以前はダンベルを持ちながらクランチトレーニング。

(アキレス腱を伸ばす格好から体を上げ下げ)

バランス感覚が取れて良い運動なのですが、ダンベルの斤量に限界アリ。

マシンだと持ち手に意識を取られない分、動かす箇所に集中できます。

「慣れさせない」が大事だと実感!

新鮮な気持ちでトレーニングを行えました。

7種目の縛り

種目数を増やしてみたらどうでしょう?

きのふろ。
きのふろ。

答えはNO!

何故なら、私は飽き性だから。

トレーニング時間が増えていく苦痛。

覚える事が多くなることの面倒さ。

1時間半ほどしか集中力が持たない為、デメリットが大きい。

種目数を増やせば(あれもやらなきゃ)(これもやらなきゃ)と。

「なきゃなきゃ思考」に陥ってしまうクセ。

なので今まで通り!

スタイルは変えずに「7種目縛り」

それでもしっかりとトレーニングは出来ます。

まとめ

  • 負荷の強弱をつける
  • 器具や上げ方を変える
  • 自分にあったスタイルで。

効果が実感できないとモチベーションが上がらず不安に。

変化を与える事で、また新鮮にトレーニングが行えます。

キツくて辛い事を行うからこそ、個性に合わせた選択も必要だと感じます。

無理なく継続できる範囲内が1番!

コメント